コロナ禍での新しい生活、その先の近未来。

  • N3 twitterを見る
  • N3 メールで問い合わせる
  • N3 rssを表示する
  • N3 記事を検索する

新緑の季節、ビジネスやテレワークで活用できる緑の効果とは。アート/デザイン

投稿日:2021.05.23
 更新日:2021.05.19
アート/デザイン
ツイートする 共有する ライン共有する ノートで書く

落ち着きのある緑という色はビジネスシーンやデザイン業界ではどのように用いられているのでしょうか。また緑にはどのような効果があるのでしょうか。新緑の季節に、緑について考察します。

『拝啓 新緑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。』と、季節の挨拶で使われるように、4、5月は新緑の季節です。梅雨の雨でミドリは日に日にその鮮やかさを増していきます。緑は、癒し、安らぎ、穏やかさ、といった印象を喚起します。落ち着きや、リラックスできる空間や商品によく用いられています。 緑イコール、植物、山、森、自然と連想されることから、健康関連商材や環境に配慮した商品、自然食品やオーガニックなものなどにも多く使われています。
また、緑の持つ落ち着き、穏やかさ、などのイメージから安心や安全を喚起させるものにもよく使われています。非常口のサインなどにも使われていますね。

人の心にある『緑』への崇拝

グリーンオフィス
実際、緑の効力として、癒しやリラックス、気持ちを落ち着かせるという心理効果があるようです。人が自然と共に生きてきた名残なのでしょうか。それとも、水や植物は人にとってなくてはならない存在、そのかけがえの無い大切なものへの深層心理がそうさせるのでしょうか。ある記事に、イギリスで自殺の名所とされていた黒色の橋を、緑色に塗り替えたところ、自殺者が激減したとのこと。

仕事で活用できる緑効果

グリーンオフィス
最近では、オフィスやインテリアなどにも緑色や観葉植物をたくさん取り入れる傾向があります。PCの黒い画面に向き合うエンジニアやオフィスワーカーに向けた配慮ということでしょう。
ギスギスしがちなオフィスで『調和を保つ』中間色の緑は、バランス整えてくれます。上司や部下、社長や取引先との商談時や人間関係でも、さまざまな思考が入り乱れる中、中和剤的な役割を果たしてくれます。自分を含め、他者の心を落ち着かせることにより、意見の相違にも適度な距離感を保ち、他のどんな意見も客観的に耳を傾けることができます。他者を尊重し、否定しない態度が自然とできるようになるでしょう。

プライベートで活用できる緑効果

森林浴とも言われるように緑には癒しの効果があります。自宅にも積極的に緑を取り入れましょう。また、時間があれば緑を目にする、森や山に出かけるのもとても良いです。
緑の色の特徴として、物事から距離をとり、遠くから見ることを手助けしてくれます。自然と視野が広がり、俯瞰してものを捉えることができます。木を見て森を見ず、の精神です。

あらゆるところにある緑効果

グリーンオフィス
広告、デザインの分野にもたくさんの緑が使われています。先ほど述べたように、緑は、健康や安心というイメージを喚起させるため、自然環境や食品の広告にもよく使われています。緑は青と黄色の混合色ですので、青とも黄色とも相性が良く中間色としてもよく使われています。またフレッシュ(新鮮)なものを表現するときに多用され、春夏の商品デザインや広告には特に使われています。
そのほかに、安心や安全、自然や環境をスローガン掲げる企業のコーポレートサイトやコーポレートカラー、コーポレートアイデンティティに採用され、ロゴデザインや会社案内、社章などに取り入れられことの多い色です。

ネガティブイメージの少ない緑色ですが、黒と混ぜることにより深緑となり、少し怖さと不気味さも増してきます。まさに深い森の中。もともと人間が持つ深い森の危険性を潜在意識で認識しているということでしょうか。とはいえ、基本的には人の心を穏やかにしてくれる緑。コロナ禍のストレス社会には欠かせない色です。ぜひ、職場やオフィス、自宅などに豊富に取り入れて、ニューノーマルなテレワークやオフィスワークをより心地よく過ごせるようにしましょう。

文:RIRISEA

関連記事

ツイートする 共有する ライン共有する ノートで書く

インスタカタログ

あなたにおすすめ

×