NEXT NEW NORMAL - コロナ禍での新しい生活、その先の近未来。

【2021年最新版】ニューノーマルな働き方3選!具体的な実例も紹介!2021.06.24

【2021年最新版】ニューノーマルな働き方3選!具体的な実例も紹介!
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • はてなブックマーク
  • LINE
ノートで書く

みなさんは、ニューノーマルな働き方に魅力を感じたことはありませんか?
もちろん今の会社の働き方や、居心地に満足している方は、数多くいるでしょう。しかしコロナ禍に直面した現在、今後の会社の可能性に不安を感じ、行動し始めている方も少なくないはず。
そこで今回は、ニューノーマルな働き方の重要性と事例を具体的に紹介します。今後の働き方を検討しているあなたにとって、役立つ情報ばかりなのでぜひ、最後までお読みください。

働き方を知る前に!そもそもニューノーマルとは?

ニューノーマルとは、以前の生活スタイルや行動を時代の流れに合わせて、新しいものに変化していく状態こと。

近年ニューノーマルは、コロナ禍といった社会情勢の変化によって、注目を浴びています。例えば在宅勤務は、代表的なニューノーマルな働き方の一つです。コロナ禍以前、会社で仕事することが常識でした。
しかし、現代は「仕事は会社でする」という固定概念がなくなりつつあるのです。このように現代では、以前の生活スタイルが時代の流れに合わせてアップデートしていくニューノーマルな働き方が注目を浴びています。

ニューノーマルな働き方が重視される2つの理由

ニューノーマルな働き方が重視される理由として、以下の2つがあげられます。

・生産性向上に向けた働き方改革の導入
・新型コロナウイルスの影響

これからは、それぞれの理由について詳しく紹介します。

生産性向上に向けた働き方改革の導入

ニューノーマルな働き方が重視される理由として、生産性向上に向けた働き方改革の導入があげられます。

実際に働き改革の導入によって、生産性が向している証明をした企業が複数社あり、その一例がロイヤルホールディングス株式会社です。
ロイヤルホールディングス株式会社は、ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」を運営している大手企業であり、以前まで多くの店舗で24時間営業をしていました。

しかしロイヤルホールディングスは、従業員の充実できる日常生活を目指し、24時間営業を撤廃しました。その結果、サービスの質も向上し前年比の売上高は101.3%に上昇したのです。このように働き方を改めた結果、生産性が向上する事例があるため、ニューノーマルな働き方を取り入れるべきとされているのです。

新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスの影響で、ニューノーマルな働き方が推奨されており、その理由は2つあります。

・感染拡大の防止
・業績不振による解雇

これからは、それぞれの理由について詳しく紹介します。

感染拡大の防止

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、ニューノーマルな働き方が重視されています。

ニューノーマルな働き方の推奨によって、人との対面接触を減らし、感染拡大の防止に繋げられます。新型コロナウイルスは感染力が強く、部屋に感染者が一人いるだけで徹底した対策が病気です。もしコロナウイルス感染者が一人でも社内にいれば、他の社員が感染する可能性は十分あります。

しかし、テレワークのような対面で接触しない働き方を取り入れるだけで、他の社員が感染すことはありません。そのためニューノーマルな働き方は、コロナ感染拡大の防止に繋がると言えるでしょう。

業績不振による解雇

新型コロナウイルスの影響で、多くの企業が業績不振による解雇を行ったため、ニューノーマルな働き方が重視されています。

もしあなたが仕事を解雇されても、他の多くの企業も業績不振であり、中々転職先が見つからない可能性も十分にあります。そんなときに彼らを支えるのが、ニューノーマルな働き方。
例えば、Webライターやブロガーのように自宅にパソコンがあれば、収入を得れる副業が増加しつつあります。このようにニューノーマルな働き方は、業績不振による解雇をされた方の生活の支えにもなっているのです。

ニューノーマルな働き方3選!

ニューノーマルな働き方として、以下の3つがあげれらます。

・リモートワーク・在宅勤務
・オフィスワーク
・副業・サイドビジネス

これからは、それぞれの働き方について詳しく紹介します。

リモートワーク・在宅勤務

ニューノーマルな働き方として、リモートワーク・在宅勤務があげられます。

リモートワークや在宅勤務の推進化は、企業のコスト削減や生産性の向上に繋がります。
例えば、従業員がリモートワークを行えば、光熱費などの雑費や移動交通費の削減ができ、大幅なコストダウンが可能です。そのため、従業員の人件費やコロナ感染のトラブルを避けることができます。

また携帯通信事業大手の「NTTドコモ」も、リモートワークに積極的な企業の一つ。NTTドコモは、リモートワークを積極的に推進した結果、時間外労働の大幅な削減になったり、働き方セミナー実施などのノウハウを外部に提供して収益に繋げたりと、利益を生み出しているのです。このように多くの企業は、コロナ禍をきっかけにリモートワークや在宅勤務を推奨しています。

オフィスワーク

コロナ禍以前では、多くのオフィスワーカーが会社に出勤し、事務作業を行っていました。

しかしコロナウイルスが蔓延している現在では、1つの会社に多くの従業員を集めてオフィスワークを行うのは、コロナウイルスに感染する危険があります。

そんなときに支持を集めているのが、従業員で時短で勤務ができる分散型のサテライトオフィスや、気軽に仕事場に立ち寄れるレンタルオフィスです。

また大企業では、従業員に交通費を支給することが一般的です。しかし、家が近い従業員同士が働けるレンタルオフィスなどがあれば、移動交通費の削減にも繋がります。このようにニューノーマルな働き方の広がりで、オフィスワーカーの働き方も変化しつつあるのです。

副業・サイドビジネス

ニューノーマルな働き方として、近年、話題になりつつあるのが副業・サイドビジネスでしす。

なぜなら、コロナ禍によって多くの方の収入が減ってしまったからです。副業・サイドビジネスは、時間や場所に縛られることなく、自分のタイミングで仕事ができることが魅力の一つです。実際に、コロナ禍で収入が減ったことで、サイドビジネスであるWebライターを始めた方も少なくありません。このような副業やサイドビジネスも、ニューノーマルな働き方の一つなのです。

時代に取り残されないニューノーマルな働き方を目指そう!

今回は、ニューノーマルな働き方を3つ紹介しました。

近年、新型コロナウイルスの影響で、会社に出勤しない働き方が増加しています。特にコロナ禍を生きる私たちは、時代に取り残されない働き方を目指すことが、非常に大切です。ぜひニューノーマルな働き方で、ストレスフリーな生活を送ってください。

文:KIT

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • はてなブックマーク
  • LINE
ノートで書く

この記事を書いたKITのプロフィール

デザイン 見積

気になる記事を検索

×