コロナ禍での新しい生活、その先の近未来。

  • N3 twitterを見る
  • N3 メールで問い合わせる
  • N3 rssを表示する
  • N3 記事を検索する

ネットはもう見るな?WEBメディアが贈るネット断食のススメライフスタイル

投稿日:2021.01.09
 更新日:2021.03.29
ライフスタイル

「コロナ うるさい」
Google検索に コロナ と一言入力しただけでこの予測変換が表示されました。

インターネットの普及により様々な情報や価値観が氾濫する時代では、過去よりもうつ病が増加しているそうです。
元々人が多くのストレスを抱える時代に、絶え間なくコロナに関する暗いニュースが流れてくることで、たくさんの人の心が疲れてしまっているように思えます。

そこで、いっそのこと、インターネットから離れてみるのはどうでしょうか?
今回は、今注目されているネット断食について紹介していきます。

ネット断食とは?

インターネットを利用可能な環境から敢えて遠ざかり、 一定期間ネットなしで生活を送る こと(Weblio辞書より)

ある起業家は、スマホもパソコンも持たずに1週間ハワイへ旅行に行き、集中力や感性を高めることができたといいます。

若い世代のインターネット依存症増加を克服する取り組みとしても、ネット断食は今注目を集めています。

コロナ禍でネット断食を行うメリット

解放

ネット断食には、心身ともに多くのメリットが存在します。
物事に対するやる気が上がったり、睡眠の質が向上したり、適切な食生活を遅れたり…

そんなネット断食を、あえて今ニューノーマルな時代に行う最大のメリットは、

精神的なストレスを減らすこと です。

インターネットの普及により、他人と自分を比較する機会が増えたことでうつ病が身近になった時代に、
絶え間ないコロナの暗いニュースは、知らず知らずの内に精神的なダメージを与えてしまいます。

ネット断食を行う最大のメリットは、それらの情報源そのものを断ってしまうことで心の健康を保つことにあります。

これからネット断食を始めるあなたに

いくらネット断食にメリットが多いと分かっていても、
ついついスマートフォンを触ってしまったり、ネット断食を決意した途端に仕事のメールが入ったり。
インターネットが当たり前のこの社会では、100%距離を置くことは不可能に近いです。

ここで紹介する「Forest」は、完全にネットから離れる勇気は無いけどスマートフォンを触る時間を減らしたい。
そんな人におすすめのアプリです。

使い方は簡単、
下の画像のように、まず10分から2時間の間でタイマーを設定します。

この設定した時間中にスマートフォンを使用しなければ、アプリ内のマイフォレストに木を植えることが出来ます。
しかし、タイマーが鳴る前にスマホを使用してしまうと、枯れた木が植えられてしまう仕組みになっています。

徐々にネットから距離を置く時間を作ると、スマホを触らなかった時間分の木がアプリ内で植えられていくため、自分の成果が一目で分かります。

Forestのダウンロードはこちらから

まとめ

ネット断食は、氾濫する情報を遮断することで、心に余裕を持たせる効果があります。
そして人は心に余裕があると、有意義な生活を送ることができます。

ずっと読みたいと思っていた本、映画、漫画。
ずっとしたいと思っていたジョギング。

今まで諦めていた「したい」という思いを解放することで、コロナという先の見えない時代を前向きに生きるヒントが、ネット断食には隠されています。
デジタルとの共存が求められるニューノーマルな時代では、適度にインターネットとの距離を取る機会も必要になってくるのではないでしょうか。

完全にネットの世界から離れるのは不安だという人も、1日の数時間だけ挑戦することで充実感のある生活を手に入れてみませんか?

あなたにおすすめ

この記事をシェアする

ツイートする
×