コロナ禍での新しい生活、その先の近未来。

  • N3 twitterを見る
  • N3 メールで問い合わせる
  • N3 rssを表示する
  • N3 記事を検索する

魚の皮がレザーに?!サステイナブルなスマホケースガジェット

投稿日:2021.01.03
 更新日:2021.03.31
ガジェット

「20年後には世界の平均気温が1.5度上昇する」と言われているほど、
近年地球が抱える環境問題は深刻化しています。

毎日新しい技術が生まれて、私達の生活が豊かになると同時に、地球はとても大きなダメージを抱えています。

世界各国では持続可能な社会を目指そうと様々な取り組みが行われていますが、
特にアパレル業界では、サステイナブルファッションという言葉がトレンドになる程、多くの企業が環境に配慮したファッションアイテムを販売しています。

そこで今回紹介するのは、tototo Fish Leather Brand が販売する、
フィッシュレザーを使ったニューノーマルなスマートフォンケースです。

ニューノーマルな素材「フィッシュレザー」とは?

名前の通り、魚の皮から生まれる新しいレザーのことです。
魚が持つ独特の鱗模様がレザーに活かされており、今までの皮製品には見られなかった個性的なアイテムとなっています。

このフィッシュレザーには、処分される予定だった魚の皮が使用されています。
世の中には、ファッションアイテムに使われるファーを採取するためだけに動物を飼育している企業も存在していますが、
このフィッシュレザーはまさに環境や動物に優しいサステイナブルなアイテムとなっています。

フィッシュレザーの衛生面

捨てるはずだった魚の皮と聞くと、生臭さや耐久性が気になる方も多いと思います。

しかしこのフィッシュレザーは、魚臭さの原因となる脂分を徹底的に除去するため、
魚の皮が持つ独特の生臭さは一切感じさせません。

牛革などのレザーと同じ加工を施すことによって、普段から私達に馴染みのある革製品と同じようなにおいの仕上がりになっています。

フィッシュレザーの耐久性

普段の家庭の食卓では簡単に箸で破くことの出来る魚の皮ですが、
実はアイヌ民族が鮭の皮をブーツとして使っていたと言われるほど丈夫な素材です。

また、このフィッシュレザーは約1か月という長い時間をかけて丁寧に加工されるため、私達がイメージする魚の皮とは程遠い丈夫なレザーとなっています。

tototo Fish Leather Brandについて

tototo は「生命の恵みを無駄にしない持続可能なものづくり」を大切に、
新素材であるフィッシュレザーを用いて新しいライフスタイルを提案するブランドです。

スマホケース以外にも、財布やキーホルダーなどのファッションアイテムを販売しています。

まとめ

ファッションから生まれる環境問題は、もちろん製品を作る企業側が改善出来る部分もありますが、私達消費者の行動にも責任は存在するでしょう。

確かにファストファッションが主流となっている中で、素材や製造方法にこだわった商品は高価に見えてしまいます。

しかし、自分が本当に気に入り、長い時間をかけて愛用出来るアイテムを購入することは、
環境問題の改善に繋がると共に私達自身の生活にも彩りを与えてくれるのではないでしょうか。

流行に合わせた服を安価で買うことよりも、購入するアイテムの背景や素材にこだわりを持って選ぶことがニューノーマルな時代の買い物かもしれません。

あなたにおすすめ

この記事をシェアする

ツイートする
×