NEXT NEW NORMAL - コロナ禍での新しい生活、その先の近未来。

リアルスポーツ、Eスポーツの未来と、スポーツの起源とは。2021.04.12

リアルスポーツ、Eスポーツの未来と、スポーツの起源とは。
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • はてなブックマーク
  • LINE
ノートで書く

私たちはスポーツを楽しみます。
大自然に挑むスポーツや、対戦相手のある球技や陸上競技など。拳と拳をぶつけ合う格闘技もスポーツの一種です。私たちはなぜスポーツを楽しむのでしょうか。

新型コロナウイルの蔓延によりスポーツの在り方もガラリと変わりました。
無観客試合や相手選手との試合後のハグや握手の禁止など。肘と肘で挨拶を交わしたり。
コロナ後のニューノーマル下でも進化していくであろうスポーツの世界とは??

スポーツは○○の代替策

そもそも私たちはなぜスポーツやスポーツ観戦を楽しむのでしょうか?
それは、進化の過程で『狩猟』をやらなくなっていったこと、と関係していると私は考えます。
大昔、狩猟は、人間が生きていく上で必要な行為でした。生きることと死ぬことが隣り合わせに存在し、死を覚悟しながら動物と格闘し、打ち勝って生の喜びを味わう。
死なずに打ち勝って生き残れた喜びが、潜在意識に残り、『戦って勝つ』という結果がそのまま『生の喜び』として刻まれいるのでしょう。
そして戦いに興奮するのは、戦っている本人だけに限らず、『仲間が戦って勝つ=食料にありつける』ことから、仲間が勝っても疑似体験的に喜びを感じられるようになります。
路上での喧嘩を偶然見て、何か興奮を覚えた人も少なくないのではないでしょうか。その『戦いに勝つ』喜びはある種、快楽的なものです。文明のある国のほとんどの国ではスポーツを奨励し、積極的に後押ししています。スポーツは人間の持つ狩猟本能の疑似体験として、とても重要な役割を担うのです。スポーツを斡旋することにより、犯罪率の低下がみられたのは有名な話です。

新しいスポーツ『Eスポーツ』

前著した本能は、ゲームの世界でも同じです。ゲーム領域もEスポーツとして、スポーツとしての認知が広がっています。
確かにゲームも、やって楽しい、見てても楽しい、先程の狩猟本能の法則に見事にハマります。
皆さんも、芸能人やユーチューバーがゲームの実況中継をする動画コンテンツをみて、楽しんだことあるんじゃないですか??

進んだ先の未来型スポーツとは??


今まで狩猟の代替策としてのスポーツでしたが、その先にはよりリアルな体験や観戦のできる技術やVR、4Dなどが提供されることになりそうです。
Eスポーツでは当たり前の、オンライン対戦も、もしかしたらリアル球技などでも可能になるかもしれません。
まるでSF映画の世界のように、テニスの試合でコートの向こう半分はモニターの中。打った球の球速、角度、回転などを瞬時に計算し、
モニター向こうの異国にいる相手選手のコートにそのボールを打ち出す。
もしくは、VRゴーグルをつけて、グランド上や、フィールドを走る。

バットやグラブには最新の感覚AIが搭載され、打った感覚、ボールをキャッチした感覚が手に伝わる。
すでに、今回のソニープレイステーション5のコントローラーには、着水の感覚振動、砂嵐の感覚振動が伝わるものにアップグレードされている模様。
観戦する人々も、そのVRゴーグルをつけることによって、別々の国で戦う選手同士を同じモニター内に合成し見ることができるようになるなど、
コロナ禍で加速する新しいスポーツ及びスポーツ観戦は、ニューノーマル下ではかなりの進化を遂げるであろうと、筆者は思うのです。

人間の狩猟本能から派生したスポーツが今後のAIやVR、最新技術を引っ張っていくコンテンツなるのは間違いありません。

人間が死の恐怖から生の喜びを知る、という基本的な概念でいる限り、その狩猟から生まれたスポーツは廃れることはなく、
未来を見据える礎になることでしょう。

文:RIRISEA

文:RIRISEA

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • はてなブックマーク
  • LINE
ノートで書く

この記事を書いたRIRISEAのプロフィール

デザイン 見積

気になる記事を検索

×